Link3Dブログへようこそ

当社のブログを購読して、社内外のAMエコシステムを合理化する方法を学びましょう。
3Dプリンティング産業
Link3D、RAPID + TCTでトゥルーシェイプネスティングビルドシミュレーションのアップグレードを発表

ニューヨークを拠点とするアディティブ・マニュファクチャリング・ワークフロー・ソフトウェアLink3Dは、RAPID + TCTで、スイートの新機能拡張「True Shape Nesting」を発表しました。

この機能により、マルチジェットフュージョンと選択的レーザー焼結(SLS)技術は、3Dモデルの形状に基づいて最適なネスティング戦略を見つけることができます。このため、メーカーは、Z軸を含むあらゆる方向の部品を利用することができます。Link3DのCEOであるシェーン・フォックス氏は、次のように述べています。

"組織が量産準備に何が必要かを理解しているチームとして、私たちは過去18ヶ月間の研究開発に費やし、コスト計算や計画のためのビルド準備だけではなく、APIベースのTrue Shape Nestingソリューションの必要性を理解してきました。"

形状に基づいたネスティングの最適化  

昨年、Link3Dは、 生産計画システム(PPS)をリリースしました。このシステムは、機械の稼働率を最大化し、歩留まりを追跡・追跡し、 生産能力を管理するためにユーザーを支援するように設計されています。このソリューションは、同社の添加剤製造実行システム(AMES)と添加剤ワークフローソフトウェアに統合されており、製造業者の3Dプリント作業全体を加速させます。

PPSは、同社のBuild Simulationソフトウェアを搭載しており、3Dプリントされた部品の自動見積、生産計画、機械のスケジューリングを行います。True Shape Nestingは、このソフトウェア内のソリューションとなっています。Link3DのCTOであるVishal Singh氏は、「Link3Dの生産計画ツールは、アディティブマニュファクチャリングによる連続生産を採用する企業向けに開発されたものです」と付け加えています。

"形状ベースのネスティングにより、Link3Dは、アディティブマニュファクチャリング施設のオペレーションが機械の稼働率を最大化し、注文を満たすために必要な機械の稼働数を把握し、ビルド準備のための手作業を減らすことができるようになります。お客様のコスト削減と生産効率の向上に貢献します。

連続生産を加速させる

Fox氏は続けて、「Link3Dがアディティブマニュファクチャリングの未来に向けて準備を進めていく中で、連続生産が極端なペースで急増すると考えています。真の生産コストを理解し、最適化された生産計画を実現するために、MESツールセットは、動的に計画を立て、スループットを向上させるために、より俊敏になる必要があります。

続きを読むLINK3DがRAPID + TCTで真のシェイプネスティングビルドシミュレーションのアップグレードを開始 - 3Dプリンティング業界

トピック。
製品リリース