Link3Dブログへようこそ

当社のブログを購読して、社内外のAMエコシステムを合理化する方法を学びましょう。
部品の高速化
Link3D、AM生産トレーサビリティのための材料追跡システムを発売

アディティブ製造実行ワークフローソフトウェアのリーダーであるLink3Dは、テキサス州オースティンで開催されたAdditive Manufacturing Conferenceで、材料追跡システムモジュールを発表しました。このモジュールは、既存のAdditive MESワークフローソフトウェアに完全に統合されます。Link3D材料追跡システムは、材料と消耗品のシリアル番号、バッチ、注文数量を管理することで、3Dプリント生産プロセス全体のトレーサビリティを可能にします。

"このモジュールの目的は、組織が実行中に使用される材料に関連して印刷部品のより良いトレーサビリティを作成するのを支援することです。材料の追跡をより高度に制御することで、再現性のあるプロセスを作成し、生産に対するリターンを最大化することができます。異なるモジュールを相互に接続してデータグラフを作成します」と、Link3DのCTO兼共同創業者であるVishal Singh氏は述べています。

Link3D の材料追跡システムを使用すると、以下のことが可能になります。
- 材料のシリアル番号、バッチ番号、注文数量、ベンダー関連情報を追跡
- 材料仕様書や品質分析などの材料文書を追跡
- 使用量と在庫に基づいて材料調達計画を開始
- 各生産工程で使用された材料を印刷部品まで追跡。


期限切れ、欠陥、その他の環境変数は、しばしば生産品質の問題につながる可能性があります。材料追跡システムを導入することで、組織はこれらの課題にうまく対処することができます。"私たちは、これまで多くのお客様と仕事をしてきましたが、材料の管理に苦労していました。Link3DのCEO兼共同創業者であるShane Fox氏は、「業界では、Additive MESソフトウェアに統合された在庫管理のニーズがあります」と説明しています。お客様は、3Dプリント生産の工業化に向けて、各パーツのデジタルツインをキャプチャすることができます。

続きを読むLink3D、AM生産のトレーサビリティを実現するマテリアル・トラッキング・システムを発表

トピック。
製品リリース