Link3Dブログへようこそ

当社のブログを購読して、社内外のAMエコシステムを合理化する方法を学びましょう。
ジャネット・カー
Link3D、欧州連合のプレゼンスを拡大

January 29, 2020 -- Boulder, CO -- 添加剤製造能力の拡大に役立つミッションクリティカルなソフトウェアアプリケーションを提供しているLink3Dは、Daniel Langraf氏をヨーロッパのリーダーシップチームに加えたことを発表しました。ダニエルは、ミュンヘンを拠点とするEMEA地域ディレクターとしてLink3Dに入社し、ヨーロッパでの添加剤の成長を推進しています。 


ダニエルは、アディティブマニュファクチャリングのデジタルトランスフォーメーションで豊富な経験を持ち、Link3Dに入社しました。以前は、3YourMind、Materialise、Autodeskに勤務していました。Link3Dは、サプライチェーンのデジタル化を通じて、EU内の組織やクライアントがアディティブマニュファクチャリング投資のリターンを最大化できるように支援することに注力しています。2020年には、Link3Dは日本とAPAC地域にも進出しています。 


ダニエル・ランドグラフ氏は、次のように説明しています。「過去10年の間に、企業がデジタル戦略を採用して生産ライフサイクルを改善し、CADからAMワークフローのデジタル化に移行しているのを見てきました。製品性能を向上させ、サプライチェーンを破壊するために添加剤製造を検討する企業が増えているため、エンドツーエンドのトレーサビリティと製造の再現性を可能にする能力が非常に重要になっています。Shane Fox、Vishal Singh、彼らのチームが私にヨーロッパ支社を設立してくれたことをとても嬉しく思い、誇りに思っています。


現在、ヨーロッパは、北米に次いで世界第2位の添加剤製造市場シェアを誇っています。この地域に進出したことで、Link3Dは、業界最大手のプレーヤーに直接アクセスできるようになりました。"Link3Dは、PostNord、EOS GmbH、フラウンホーファーとの最近の契約に続き、ミュンヘンに販売・カスタマーサービス拠点を設置する準備を進めています。"これは、Link3Dがグローバル市場の拡大とサポートを継続していく中で、顧客ネットワークを拡大していくための重要な戦略的な動きです。

トピック。
プレスリリース