自動車・輸送



OEM、委託製造業者、サービスビューロー間のワークフローを合理化することで、自動車および輸送部門は、AM投資のROIを最大化することができます。
詳細はこちら
基準適合性と認証

自動車用3Dプリンティングのサプライチェーンをデジタル化

Link3Dは、企業の製造資産の単一ビューを提供し、製造環境の最適化、継続的な改善、スケールアップに必要なプランニング、シミュレーション、データ管理ツールを提供します。 
注文の集中化

エンジニアは、納期に間に合うように注文を処理し、ステータスを管理するための集中型プラットフォームを必要としています。インテリジェントなオーダーフォームにより、エンジニアは産業用3Dプリントのサプライチェーン全体の生産能力を簡単にフィルタリングすることができます。

スケール生産

構成可能なAMワークフローソフトウェアは、ユーザーベースの拡大、施設数の増加、および新たに追加された3Dプリンタをシームレスにサポートすることを可能にします。未来のスマートファクトリーは、企業が事業を拡大していく中で、常に一歩先を行くことができるようになります。

知的財産の保護

Link3Dのセキュアクラウド、プライベートクラウド、またはオンプレミスで、3Dプリントの知的財産を保護します。トレーサビリティを目的とした許可、アクセス、コントロール権限と監査証跡を合理化するために、SSO統合を導入。

ホワイトペーパー

先進的なものづくりの未来

LINK3DのCEOであるShane Fox氏が、インダストリー4.0に向けての準備をします。このホワイトペーパーでは、製造ミックス内での製品開発、サプライチェーンイネーブルメントのためのイノベーションを組織がどのように推進できるかについての洞察を提供しています。

ダウンロード

事実を知る

インダストリー4.0による2016~2020年の自動車分野でのコスト削減が期待される。

予測保全スケジューリングによる保全コストの低下

自動車業界のインダストリー4.0導入により、年間2.6%の在庫削減が見込まれる。

自動車および輸送機器における積層造形採用の推進・拡大

企業は、デジタル製造ソリューションを導入することで、利益率を高めながら、市場をリードするハードウェアの生産に集中することができます。これにより、OEMやティア1サプライヤーは、自動化、シミュレーション、およびプランニングツールにより、産業用3Dプリントの生産規模を拡大することができます。大幅な利益を生み出し、購買力を顧客に還元することができます。
Link3Dオーダーエントリー、見積・原価計算

発注を一元化し、一貫した原価計算を実現し、リアルタイムのデータ分析から洞察を得ることで、より効率的になります。クラウドまたはオンプレミスでの導入。

Link3D 生産計画・スケジューリング

時間のかかる形状や大量の注文に対応した動的なプランニングとスケジューリングにより、生産スループットを最大化します。クラウドまたはオンプレミスでの展開。

Link3Dポストプロダクションと品質管理

デジタルトラベラー、事前および事後のチェックリストを使用して、下流の製造プロセス全体の品質データを計画し、追跡します。クラウドまたはオンプレミスでの導入。

DX:デジタルトランスフォーメーションの開始

AMの専門家とのミーティングを予約して、お客様のニーズについて話し合ったり、お客様の組織に適したソリューションを見つけたりしてください。
お問い合わせ